塗装の市民講座はセールスです

社長の日記   

市民講座

おはようございます。今日は雨です。外壁塗装等の外の工事は中止です

外壁塗装と言えば最近塗装の広告で「市民講座」「市民セミナー」なる類の広告を目にしませんか?

上記の広告は最近新聞に折り込まれた広告です。一見公的な講座と勘違いしていかれる方がいらっしゃいますがこれは普通の民間業者のセールス商法です。会場内ではセールスは絶対にしません!と書いてありますが住所名前等の個人情報は書かされ、数日後に必ずアポなしセールスがやって来ます。彼らの目的は塗装工事を考えてる人の個人情報を得る事です。講座を通して多くの方に塗装のノウハウを伝えたいなんて事はあまり考えていません。

塗装市民講座とネットで検索すると日本全国多くの業者がこの市民講座商法を取り入れています。実はこの商法を教えている会社があるからです。塗装工事が出来るがなかなか顧客が獲得できない会社にコンサルタントする訳です。もちろん有料で・・・

今回の広告は伊勢原や厚木に拠点を置く会社ですが、平塚の塗装屋さんあたりも始めています。

法律的に違法ではありませんが、少しだましが入った私の大嫌いな商法です。そもそも民間のリフォーム屋や塗装屋が講習に人件費や会場費を業者が頻繁に負担して講座を開くなんてありえませんよね・・・

私のお客様になって頂いた方からも「市町村がやってる講座だと思った」「後日いきなり何回もセールスされた」等の声をかなり聞いております。

昔よく年寄りを集めて高額な商品を売りつける商法が流行りましたが、それの塗装版です。会場が勤労会館や商工会館だったりするので安心感?があると思う方もいますが公的要素は全くありません。

後で繰り返しセールスされるのを覚悟の上で行かれるのなら行くのは自由です。

肝心の講習の内容ですが、目からうろこが出る話しなんてありません。普通の塗装の営業の人が話すレベルです。

普通以上のお話しが聞きたい方は当社へお問い合わせ下さい。私がたっぷりお話しいたします。

 

 

 

- ekHome -