正直な広告がありません、555万円の家は・・・・

社長の日記   

こんばんは、最近のTVコマーシャルで555万円で家が建つという宣伝があります。その会社が今度は888万円でアパートが建つとコマーシャルをしています。

はっきり言います。この広告は俗に言う引っ掛け広告です。555万円の家は建坪15坪ほどの標準価格で、888万円のアパートは建坪17坪ほどの場合なのです。(TVでたった2秒ぐらいのテロップで一応表示をしています)

皆さんよく考えてください、一戸建ての家を新築するのに15坪の建坪の家を建てる人が何人いるでしょうか?アパートを新築するのに建坪17坪のアパートを建てる大家さんが何人いるでしょうか???

いない訳ではないと思いますが一般的な例とはかけ離れた確率です。

多くの方はそのごくまれな例で我が家も・・・・と思いその安さに問い合わせもする方もいるでしょう・・・・

他にも引っ掛け広告はリフォームでも新築でも沢山ありますがその狙いは電話や問い合わせ数をまずは上げる反響率ばかりを念頭に置いた広告作りにあります。もっと簡単に言うと「電話が鳴らなきゃ始まらないじゃないか・・・」という事です。

私はこの様な広告は大嫌いでチラシを作って16年になりますが、こんな消費者を半分だますような広告を作った事がありません。リフォーム広告で言えば平塚市内に出ているリフォーム広告の多くも残念ながら引っ掛け広告が多いいですね。

今週の3日の木曜日に当社のチラシが平塚市の新聞に折り込まれます。当社の広告は引っ掛け広告ではありません。

ではどのような広告が引っ掛けでどのような広告がそうではないのか、お問い合わせ頂ければ私が実例を基に詳しくご説明をいたします。今までもこの事をお話しした方は100%「社長の言う通りだ!」とご賛同を頂いております。

私は当たり前の事を正直にお話ししているだけです・・

- ekHome -