これがアラです

社長の日記   

DVC00931

こんばんは、先週久しぶりに釣りに行く事が出来ました。写真は釣れたアラという魚です。グルメ番組や旅番組でアラ鍋等で紹介されているアラは正式にはクエという魚の南地方の俗名で、これが本家本物のアラです。

私も数年ぶりに釣りました。でも写真は1キロ未満の子供で満足できる大きさではありませんでしたがアラはアラです。養殖は出来ず漁獲量も極めて少なく上質な白身のため、私の知る限り魚の中では最も高価な単価で取引されます。釣りが好きな方でも釣った事がない方が多いでしょう・・・・

大きいものは1m。10キロほどになります。私は過去に10キロ、6キロ、を頭に3キロクラスもポツポツ釣って来ました。今回のは本当に小型ですが3キロ(50cm)クラスは究極の味です。(あまり大きすぎるのは味も少し落ちます)

本当のこのアラを食べたくてもまず売ってはいません。仮に市場に珍しくあっても高くて普通のお店では買いません。このアラがこうして写真で紹介されること自体が珍しいのです。

大きいものが釣れれば皆さんにおすそ分けするのですが・・・・

今日は久しぶりに魚の話しでした!

 

- ekHome -