続き・・・

社長の日記   

まず宇宙塗装(プロツバルⅦ)の広告ですが、12日の日曜日に新聞折込の内容は「室内温度上昇を10℃下げることができました!」(一部抜粋)とあ ります。以前は3℃下がると言い今度は10℃です。今度は実際の実験データーを載せていましたがまずこれが良くない!!この塗料は一般住宅に塗るための塗 料として宣伝してる訳ですから実験データーを広告に載せるなら一般住宅に塗ったデーターや一般住宅に極めて近い条件のデーターを当然載せるべきですよね? しかし日曜日の広告の実験はアートワーク社製スーパーハウスという建物に塗ったデーターで我々プロならすぐわかりますが、このスーパーハウスとは断熱材を 使用していない鋼板等の金属1枚で出来たプレハブのような建物です。わかりやすく言うとトタン1枚だけで壁と屋根が出来てる物置と一緒なのです。私も昨日 電話でスパーハウスのメーカーに電話して確認しましたら同じ事を言っておりました。断熱材材がないので室内は物凄く暑いそうです。

こんな建物なら外部に遮熱塗料を塗れば室内が10℃だって下がるのは当たり前です。元々私は遮熱塗料を塗った表面温度自体は下がるのは否定していま せん。私も3年前に実験した事がありますから・・・何度も言ってる様に一般の住宅には外部の熱を遮断するため外壁、下地板、断熱材、内壁等で20cmぐら いの厚みを持たせ外部の温度が少し変化したぐらいで室内温度がどんどん下がらない構造になっている訳ですからスーパーハウスとは構造が違い過ぎるので す!!そんなデーターを引用して室内温度が10℃下がるなんて宣伝するのは消費者を引っ掛けてるとしか思えません。少し建物に詳しい方ならすぐにわかる事 です。

 

- ekHome -