一番下の項目から読んで下さい

社長の日記   

ましてやスーパーハウスは6帖だけの広さで窓の面積も一般住宅とは違い過ぎます。なぜ室内温度の効果をそんなに謳うならもっと普通の住宅を使って実 験しないのか?答えは一般住宅で実験してもそこまでの効果はないからです。遮熱塗料を勧めてはいけないといってるのではありません。オーバーな表現はやめ るべきだと言ってるだけです。

更に専門家の声として桂 勤先生という方の意見を載せていましたが、この人はこの宇宙塗装プロツバルⅦの発売元である(株)日本プロツバルという会 社の社長さんです。普通専門家の声として掲載するなら発売元や販売に関係する人ではなくもっと客観的な第三者の専門家の声を載せるべきでしょう??身内の 意見を専門家の声なんて出したらサクラを使ってるのと変わりないんじゃないでしょうか?それならばちゃんと(株)日本プロツバルの社長として掲載すればよ いのです。私が真面目すぎるのでしょうか?

以前タウンニュースに載せていた会社の広告はメーカーの試験BOX(やはり鉄板の箱のようなもの)で5度下がったから室内温度が5℃下げることが出来るなんて書いていましたが、今回の広告も同じようなやり方です。

リフォーム会社をやってる私がこういうのも何ですが・・リフォーム会社の広告はまずは客引き要素ばかりが先行する広告が多く(全部ではありませ ん)、とにかく電話が鳴らなきゃ始まらないみたいな感覚で、出来やしない値段や誇大広告みたいな内容の広告も多いのです。売れない会社ほど誇大広告が多い とも聞きます。私の会社も今一生懸命秋に向けてのリフォーム広告を製作中ですが誇大広告は絶対に作らないと誓いますし、消費者を引っ掛ける様な広告も絶対 に作りません。

もし同業者の方がこのブログを読んでくださっていたら、お互い肝に銘じましょうね!!!!

今日は長くなってしまったので明日塗装の別の話しを書きたいと思います

 

- ekHome -