サッシ工事と雨漏れ修理

社長の日記   

リフォーム 1 リフォーム 2 リフォーム 3

昨日(左の写真)サッシの交換工事をしました。古いサッシをはずしてみると真ん中の写真のように柱と土台が腐っているではないですか・・・すぐに現 場で緊急会議です。大工、私、お客様、の3人で話し合った結果予定通り新しいサッシを付けて、後から外部より新しい柱を抱かせて補強する事にしました。

それとこういう風に下地や柱が腐っていた場合その場所を補修、修理する事はもちろんですが、問題はなぜ腐ったかの原因を調査しその元となる部分をきちんと直す事が非常に大事です

そこで以前のブログでも紹介した、当社の雨漏れ修理の神様職人Mさんの登場です。この職人さんは当社の職人の会である良心会の会長でもあります。専門は板金、屋根、トヨ等の職人さんですが雨漏れの調査、修理の神様でもあります。

このMさんに見せると2Fのベランダを壁に止めてる部分と判明、そこから長い間にかけて水が入って腐っていたのです。腐った状態を見ればどれぐらい昔からかもわかります。そして二度と水が入り込まないように加工修理をしました。

そしてその修理の時、又新たに勉強になる話し(雨漏れ)を聞かせてもらいました。私はこのMさんとは8年以上のお付き合いですが話しを聞くたびに勉強になります。

たまに人から「社長はどこで建築やリフォームの事を覚えたの?」と聞かれますが、私は学校も普通校ですし建築士の資格も持っていません。しかし職人 さんとはかなり話しをします。それが一番実践で使える教科書だと思っています。営業だってそうです。時々ハウツー本で営業のノウハウなんか書いた本があっ たりしますがああいうのは参考にはなるけど役には殆ど立ちません。

誤解のないよう言っておきますが、学んだり、読んだりする事は良い事です。しかし頭でっかちでは実践では役に立たないということです

 

- ekHome -