約9年前の塗装現場

社長の日記   

約9年前の塗装現場

昨日の日曜日も今日の月曜日も大変忙しい日でした。今日は気が付くとお昼ごはんを食べ忘れていました。まあ12時なると忘れていないのですが、後でいいかと思って仕事しているといつの間にか16時頃になっているのです。
今日は特に今週の木曜日のタウンニュースの記事の校正等に時間がかかり大変でした。(締め切りが月曜のため)そんな訳で現場周りはお休みさせて頂きました。

その代わりではありませんが今日は約9年前(正確には8年半ちょっと)に当社(リョウシンリフォームが法人化する前)で塗装して頂いたお客様の写真をご覧ください

塗 料はクリンマイルドシリーズのウレタンタイプです。クリンマイルドシリーズは今ではシリコン、フッ素とラインナップがありますがこの当時はウレタンしかあ りませんでした。しかしその当時この塗料を使っている業者は少なくまさに最先端でした。セラミック塗料なんて言葉自体が一部のプロしか知らなかった時代で す。

エスケー化研のクリンマイルドシリーズはその後も実績を積み重ね今のキングオブ塗料となっています。最近は国内だけでなく国外メーカー等いろいろな触れ込みで新しい塗料が出ますが、この老舗クリンマイルドシリーズには一歩及ばずでしょう・・・・

そ れはこの写真を見て頂ければおわかりでしょう汚れひとつ付いていません。(北側にはわずかながら気にならない程度の汚れが付着していましたが)まあ塗料の ツヤはさすがに塗った当時よりは落ちてきてますがまだまだ塗りかえる必要はない状態です。(ちなみにこの当時は雨樋は塗っていない現場がありました)ウレ タンでこれですからその後出たシリコン、フッ素はもっと持つはずです。私は10年以上前から水性仕上げの1液タイプの様な塗料で塗った現場が5年もすると 色が抜け哀れな姿になっていく家を散々見てきました。業者から10年持つと言われたのに・・・と嘆くお客様も沢山見てます。だから私は良い塗料を探しまし た。そして出会ったのがクリンマイルドでした。

昨日このお客様はサッシの工事でご依頼を頂きました。久しぶりに呼んで頂きありがとうございました。写真は帰る時撮らして頂いたのですが壁の状態を見て私が勧めてる材料は間違っていなかったと改めて思いました。

今度はさらにもう少し前に塗った現場も公表したいと思います。

 

- ekHome -