築年数経ってもきれいなものです

社長の日記   

洗面所の天井

こんばんは、写真はおとといの日曜日に見積りご依頼のお客様の洗面所の天井を開けてみた写真です。ゴールデンウィークの最初の日曜日でしたが、大工さんと二人で行きました。

柱を抜けるかどうかどうしても見なくてはわからない部分でしたので点検口を付けるためにも開けてみました。

このお客様の建物は築年数は経っていますが、家の柱や梁等はとても綺麗です。そうです家の中身は皆さんが想像するより結構綺麗な物です。

家は建物のグレード、レベルに関わらず、きちんと建てて、きちんと直していけば最低50年は快適に住めると私は思います。雨漏れと水漏れを防げば室内は腐ったりはしません。

今の時代は家を建て替える方が少なくなりました。確かにこの写真のように何でもない柱や梁を壊して捨てて、又そこに新しい柱を建てるのはちょっともったいないですね・・・

お客様は多いにしてご自分の家を謙遜してか悪く言います。「こんな家だから持たないでしょう?」とか・・・
そんな事はありません!大丈夫です。家はそんなにきゃしゃではありません。この写真が何よりの証拠です

しかし、雨漏れと水漏れだけはまず気を付けて下さいね!

 

- ekHome -