喜寿のお祝い

社長の日記   

喜寿のお祝い

こんばんは、今日は私の母親の誕生日で77歳なので喜寿のお祝いの宴をいたしました。写真で見ておわかりでしょうか?77歳とは思えない元気であります。

父親は私が小学3年の時に亡くなっていますので、女一つで私と姉を育て今は多趣味に自分も人生に前向きに生きる母親はたいしたものと思います。

私は人からは社長なぞと呼ばれておりますが、まだまだ自分の母親は超えられておりません。

人生精進の毎日です。

PS今日はいろいろとご契約を頂きました。ありがとうございました。

 

- ekHome -