アホな営業

社長の日記   

こんばんは、私の会社には様々な営業の電話が来ます。今日も夕方に野村証券から証券のセールスの電話がありました。もうこれで10回目ぐらいでしょう か・・・・かけて来る人は違うようですが最初のトーク(専門用語はアプローチ)はみなほぼ同じでこれが又超が付くほど下手くそで工夫が無くあまりにも情け なさ過ぎて怒りをさえ覚えるトークなのです。

あえて名前を出すのは、以前にも同じ感じで頭に来たので二度と電話するなと言っているのにまたかかって来たからですが、今日は私吠えました。「あんたそんな営業の仕方じゃ絶対仕事取れないよ!辞めちまえ」って感じで言っちゃいました。

あれ多分セールスマニュアルみたいのがあって、それをそこの社員はバカの一つ覚えでみんなが忠実に守り電話を朝から夜までかけまくってるんでしょうね・・・・

私社長ですけどもちろん営業も兼ねてます。私リフォームの商売の前も営業職でサラリーマン時代を含めると営業22年やってます。でも今も昔も今日の電話の様な情けない営業はした事がありません。

証券会社だけでなくリフォームの同業者もろくでもない営業がホント多いです。ろくでもない営業が多い原因の一つは、営業を育て教育する上司や責任者がなってないのと本人の努力と研究心そして熱意が無いんでしょう。・・・

よくリフォーム会社の営業をコンサルタントする会社があって、その会社のマニュアルやシステムをお金だして買ってる会社があります。そんな会社にあたってしまったお客様は災難です。

だいぶ今日の電話には頭に来たので書いちゃいました!
おしまい

 

- ekHome -